良い歯医者の条件とは何か、歯科医院の見分け方は

>

直ぐに削らない方向で治療を考えてくれるところを探す

歯を削る事のデメリット

初めは小さな虫歯だったのに、虫歯を取り除くのに思ったよりも大きく削られ詰め物をして治療は終了したのに、しばらくしてから同じ場所に痛みを感じて再受診した経験はないでしょうか。

詰め物と歯の間に虫歯ができて見えない所で進行していたり、削ったことで歯がもろくなって欠けてしまいそこから新たに虫歯になるのが原因のようです。
何度か繰り返すと削る部分がなくなって最終的に抜かなくてはならない事もあります。
インプラントや部分入れ歯を入れなくてはならなくなり経済的な負担もかかります。

歯は今の技術では削ってしまったら自分の歯を復活させる事は出来ません。
削る事で細菌に感染しやすくなり、歯や歯周の病気にもかかりやすくなります。
健康面から考えても虫歯だからと言って直ぐ削るのは良くない感じがします。

一生自分の歯で過ごすのが目標に

毎日歯磨きをして、定期検診を受けて虫歯や口腔内のトラブルを未然に防げれば勿論それが一番です。
ですが、体質も影響するのか、歯磨きをどんなにしっかりしても虫歯になりやすい人もいれば、歯磨きは適当なのに虫歯が一本も無いなんて言う人もいます。

虫歯の治療だけでなく、これ以上虫歯を進行させない、虫歯や口腔内のトラブルを未然に防げるように、体質や、間違えた歯磨き方法など個々に合う口腔ケアの指導に力を入れている歯医者も良い歯医者さんですね。

歯医者は混雑するので、待ち時間を減らす為にも効率の良さも大事なのかもしれませんが、一生使う歯なので長い目で考えたら、虫歯は大きく削って穴を塞ぐだけが治療の手段ではない気がします。


この記事をシェアする