良い歯医者の条件とは何か、歯科医院の見分け方は

>

良い歯医者を見分けるには

丁寧な初診は信頼できる

歯医者あるある話で聞くのは、もうずいぶん通っているのに治療が終わらない、このまま通い続けて大丈夫なんだろうか、きちんと通っているのに痛みがぶり返している、歯医者の腕は確かなのかと不安の声です。

通い続けているのに治らないなら、誤診をしていて治療を間違えている可能性も否定できないです。
長くなれば費用もばかにならないですし、通う為の時間の確保、精神的な負担もありますから誤診なんてありえません。

初診時に患者の話を聞くことは正しい診断をする為にも重要だそうです。
最初の問診に時間をかけても、その後の治療がスムーズに進めば短期間で治療が終了するでしょう。

初診時の対応がいい加減だなと感じたら、別の歯医者を検討しても良いかもしれませんね。
初診を大事にしてくれる歯医者を見つけましょう。

説明をしっかりしてくれるか

歯医者に限らず病院でも同じことが言えますが、治療が必要な患者に対して現状や治療に関わる説明をしっかりしてくれる先生は信頼が出来ます。

キャリアがあるからレントゲンを見れば治療を開始できるという先生もいます。
確かに腕は良いのかもしれませんが、患者の立場からすると状況を把握できないまま治療を開始されるのはとても不安になります。

レントゲン画像を患者に見せながら、虫歯の進行状態や必要な治療についてわかりやすい言葉で説明があると安心できます。
虫歯以外にも口腔内のトラブルは多いですから自分の状況は知っておきたいかと思います。

きちんと説明してくれると、この歯の治療はどの位かかると予測されるのかなど、不明な点や聞いておきたい事の質問もしやすいですね。


この記事をシェアする